段ボール製販売台のご紹介

2017.09.05 Tuesday

0

    こんにちは。吉沢工業(株)の設計担当者1号です。(弊社のwebサイトはこちら

    1年以上放置していました。久しぶりの投稿です。

    今回は段ボール製の商品販売台(商品を陳列する台)をご紹介したいと思います。

     

    物はこちらです。

     

    3段の雛壇式になっています。印刷してデザインを載せることもできますし、使い終わったら廃棄も容易です。

     

    組立まえのパーツはこんな感じ

     

    台になる箱を組立て、仕切状の補強材を入れます。

     

    縁をきれいに折ってからフタを差し込みます。

     

    台の完成。

     

    陳列用のトレーを組立て、

     

    台の上に載せます。

     

    雛壇を載せて、商品を陳列します。

     

    写真ではなめ茸を15本載せていますが、全部並べると42本載せられますので、

    相当な重量になります。もちろん、それに耐えうるように出来ていますし、

    商品が転倒しないように”柵”も設けてあります。

     

    正面からみると、良い感じで並んでいますね。

     

    雛壇を使わず並べてみたり、

     

    台だけ使って並べてみたり、

     

    トレーだけ使ってみたり。

     

    以上、商品販売台のご紹介でした。


     

    弊社で作っている製品のほとんどが梱包箱なのですが、

    このように箱ではないものも、たま〜に注文があります。

    今回の事例は量産品なので数百個の注文でも受注可能です。

     

    また、お客様のご要望に応じた特別設計品を”試作機で数個

    だけ作る”という少量生産も可能ですので、その際にはぜひ

    ご相談ください。→吉沢工業(株)のwebサイト

     

    最近では「段ボールで直径1m、高さ7mの円柱を作ってほしい」

    とのたいへん衝撃的な依頼がありました。

    平面と折り しかできない段ボールで円柱とな!

     

    どのようなものになったかは、後日投稿いたします。